史実人物

中国の第5皇子永琪(えいき)とは史実では一体どんな人物だったのか?

中国の第5皇子永琪(えいき)についてのご紹介です。

乾隆帝が多くの皇子の中から最も愛し、信頼されたとする永琪(えいき)

史実ではどんな人物だったのでしょうか。

今回は中国の第5皇子永琪(えいき)について焦点を当ててみようと思います

中国の第5皇子永琪(えいき)とは

中国の第5皇子永琪(えいき)

永琪(えいき)は、頭脳明晰、人柄もよくのちの皇太子であろう人物でした。

17人の皇子の中で最も愛された皇子でした。

 

ですが25歳という若さで骨結核という病気で亡くなってしまいます。

第5皇子永琪(えいき)の生い立ち

生まれ:1741年3月23日

没:1766年4月16日

病名:骨結核

 

名前:永琪(えいき、ヨンキ)

姓:愛新覚羅(アイシンギョロ)

 

父:乾隆帝

母:愉貴妃(ゆきひ)

 

永琪(えいき)は勉強熱心で、モンゴル語、中国語、満州語を習得。

さらに芸術にも長け、武道、快が刀剣術なども得意としていました。

 

結婚もしており、正妻のほかに側室もおり6男1女に恵まれました。



骨結核を患う

1765年に永琪(えいき)は、骨結核を患ってしまいます。

風邪の症状から始まり、その後寝たきりとなってしまいます。

 

乾隆帝も励ましの気持ちを込めて栄親王の称号を与えます。

 

ですが、数か月間の闘病の末に骨壊租という難病でこの世を去ってしまいます。

現在の名は、骨結核というもの。

同じ身内にも同じ病にかかる方もいましたが遺伝的なものではないでしょう。

次期皇太子候補

永琪(えいき)は、乾隆帝が最も愛し、高く評価していた皇子でした。

ですので、次期皇太子は間違いないでしょう。

 

とても残念な皇子を亡くしてしまいました。



第5皇子永琪(えいき)が登場するドラマ

如懿伝(にょいでん)キャストや相関図★あらすじをご紹介

瓔珞(エイラク)キャストや相関図★あらすじをご紹介/中国ドラマ

 

とくに、如懿伝(にょいでん)では、かなり忠実に再現されています。

瓔珞(エイラク)では、生まれてきたときに金瞳だと騒がれて不吉だとされていましたが、史実ではこのようなことはなかったようです。