史実人物

乾隆帝(けんりゅうてい)とはどんな人物だった?皇后・側室たちもご紹介

中国ドラマに登場する乾隆帝(けんりゅうてい)についてのご紹介です

乾隆帝(けんりゅうてい)は史実ではどんな人物だったのか

そして皇后や側室たちはどんな人がいたのか。

まとめていこうと思います。

乾隆帝(けんりゅうてい)

乾隆帝(けんりゅうてい)とは

生年:1711年9月25日

没年:1799年2月7日

 

乾隆帝(けんりゅうてい)は、清の第6代皇帝になります。

雍正帝と側妃の熹貴妃ニオフル氏との間に第4子として生まれました。

没年を見てもわかるようにかなり長生きをされた皇帝となります。

85歳の時に退位しようとしたときには、子供たちはたった4人しか残ってなかったといいます。

沢山の子供たちを看取ってきたのは非常につらかったでしょうね

 

性格は、祖父や父とは違って派手好きの性格。

25歳の時に父が逝去。

そのため即位する。




乾隆帝(けんりゅうてい)の皇后・側室たちやその子供たち

乾隆帝(けんりゅうてい)の皇后や側室たちをご紹介します。

乾隆帝(けんりゅうてい)は沢山の正室・側室がいたため、その子供たちもまた沢山の子供を授かりました。

 

ただ、沢山の子供たちが早くに亡くなったしまっています。

昔は救える命の救えない時代なのでなんとも悲しい現実ですね。

 

では順番にご紹介しますね

正室

孝賢純皇后(富察(フチャ)氏)

  • 長女
  • 三女:固倫和敬公主
  • 二男:端慧皇太子永璉
  • 七男:哲親王永琮

継皇后(ナラ氏)

  • 十二男:貝勒永璂
  • 五女
  • 十三男:永璟




側室

孝儀純皇后(ウェイギャ氏)

  • 七女:固倫和静公主
  • 十四男:永璐
  • 九女:和碩和恪公主
  • 十五男:永琰(嘉慶帝)
  • 十六男
  • 十七男:慶親王永璘

慧賢皇貴妃(ガオギャ氏)

なし

純恵皇貴妃(蘇氏)

  • 三男:循郡王永璋
  • 六男:質親王永瑢
  • 四女:和碩和嘉公主

慶恭皇貴妃(陸氏)

なし

哲憫皇貴妃(フチャ氏)

  • 長男:定親王永璜、
  • 二女




淑嘉皇貴妃(ギンギャ氏)

  • 四男:履親王永珹
  • 八男:儀親王永璇
  • 九男
  • 十一男:成親王永瑆

婉貴妃(陳氏)

なし

穎貴妃(バリン氏)

なし

忻貴妃(ダイギャ氏)

  • 六女
  • 八女

愉貴妃(ケリェテ氏)

  • 五男:栄親王永琪




循貴妃(イルゲンギョロ氏)

なし

晋妃(フチャ氏)

なし

容妃(ホージャ氏)

なし

舒妃(イェヘナラ氏)

  • 十男

惇妃(汪氏)

  • 十女:固倫和孝公主




乾隆帝(けんりゅうてい)が登場しているドラマや映画作品

ドラマ

  • 還珠姫 〜プリンセスのつくりかた〜(1998年)
  • 雍正王朝(1999年)
  • 乾隆王朝(2003年)
  • 乾隆與香妃(2004年)
  • 宮廷の諍い女
  • 宮廷の秘密〜王者清風
  • 如懿伝 〜紫禁城に散る宿命の王妃〜
  • 瓔珞〜紫禁城に燃ゆる逆襲の王妃〜

など

映画

  • フライング・ギロチン
  • 背徳と貴婦人