史実人物

史実の永楽帝(えいらくてい)の生涯!后妃や子供たちについて

中国史の史実の人物『永楽帝(えいらくてい)』とはどんな人物だったのか

また、后妃や子供たちについてもまとめていこうと思います。

ぜひ、気になった方は参考にしてみてください

史実の永楽帝(えいらくてい)の生涯!

永楽帝(えいらくてい)

永楽帝(えいらくてい)は、明の時代の第3代目皇帝になります。

姓は朱(しゅ)。諱は棣(てい)

在位中の元号「永楽」から永楽帝と呼ばれるようになりました。

永楽帝(えいらくてい)の父母

父親

洪武帝

母親

孝慈高皇后馬氏 – 碽妃(一説)

誕生から即位まで

永楽帝(えいらくてい)は、至正20年8月14日(1360年5月2日)朱元璋(後の洪武帝)の四男として生まれました。

父親は、朱元璋(後の洪武帝)で黄巾の乱で頭角を現した1人。

 

永楽帝(えいらくてい)は、特に記憶力がよく一度読んだ本は忘れないほどだったといいます。

父親である洪武帝は、自分の長男である朱標が死去したあと、朱棣(のちの永楽帝(えいらくてい))に跡を継がせたかったが、周りの反発があり断念。嘆き悲しみました。

 

洪武帝の崩御後、即位したのは甥の建文帝(朱標の子)。

周りからは、朱棣(のちの永楽帝(えいらくてい))が反乱を起こすかもしれないと助言しましたが、建文帝は、朱棣(のちの永楽帝(えいらくてい))は身内だから反乱を起こすはずがないといいました

 

ですが、実際は北平の官吏の一部が朱棣と結託しているという情報が入り、建文帝の周りの方が内通者を逮捕しました

朱棣は難を逃れるためか、狂った人間のように装っていましたがそれもまた内通者に密告し、朱棣を逮捕するように命じましたが、朱棣は逆に朝廷関係者と内通者を捕縛し殺害します。

その後、兵を集め、南京の建文帝に対し反乱を起こし、朱棣は自らの軍を「靖難軍」とよび、ここからこの反乱を靖難の変と呼ばれるようになりました。

 

建文4年(1402年)靖難の変に勝利した朱棣は皇帝に即位し、永楽帝となります。

永楽帝は建文帝の存在を「革除(歴史から抹殺)」しました。

建文の元号を抹消し、この年を洪武35年とし、翌年(1403年)を永楽元年としました。




永楽帝(えいらくてい)と后妃とその子供たち

后妃

  • 皇后:仁孝文皇后徐氏
  • 昭献貴妃王氏 – 1420年薨。
  • 恭献賢妃権氏 – 権永均の妹。1410年薨。
  • 忠敬昭順賢妃喩氏
  • 恭順栄穆麗妃陳氏 – 1424年殉死。
  • 康靖荘和恵妃崔氏 – 1424年殉死。
  • 康穆懿恭恵妃呉氏 – 1424年殉死。
  • 端静恭恵淑妃楊氏
  • 恭和栄順賢妃王氏
  • 昭粛靖恵賢妃王氏
  • 昭恵恭懿順妃王氏
  • 恵穆昭敬順妃銭氏
  • 康恵荘淑麗妃韓氏 – 1424年殉死。
  • 安順恵妃龍氏
  • 昭順徳妃劉氏
  • 康懿順妃李氏
  • 恵穆順妃郭氏
  • 昭懿貴妃張氏
  • 順妃任氏 – 1421年自殺。
  • 妃黄氏 – 1421年刑死。
  • 昭儀李氏 -1421年刑死。
  • 婕妤呂氏 – 1413年炮烙で刑死。
  • 恭栄美人王氏
  • 景恵美人盧氏
  • 荘恵美人

永楽帝が崩御後、妃嬪と宮女共に30人ほどが殉死を命じられたそうです。

子供たち

男の子

  • 長男:朱高熾 – 洪熙帝。母は徐皇后
  • 次男:朱高煦 – 漢王。母は徐皇后
  • 三男:朱高燧 – 趙王。母は徐皇后
  • 四男:朱高爔 – 母は康穆懿恭恵妃呉氏。夭折

女の子

  • 長女:永安公主 – 母は徐皇后。広平侯袁容に降嫁した。
  • 次女:永平公主 – 母は徐皇后。富陽侯李譲に降嫁した。
  • 三女:安成公主- 母は徐皇后。西寧侯宋琥に降嫁した。
  • 四女:咸寧公主 – 母は徐皇后。西寧侯宋瑛(宋琥の弟)に降嫁した。
  • 五女:常寧公主- 沐昕に降嫁した。

 

 

 

 

 

error: Content is protected !!